読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のアリカワブログ

本家アリカワブログでは書けないようなことを書きます。

アナルセックスが好きなマキちゃんの話

僕、20歳の終わりまで童貞だったんですよ。

ちょうど8年前、童貞を捨てた僕は彼女と毎日のようにセックスをしていました。

 

 

初めての相手のマキちゃん(及川奈央似)。
前の彼氏に相当アナルを開発されていたんでしょうね。
 

f:id:menheraneet:20150825171645j:plain

 

「今日はこっちの穴でしよ?」
と何度も言われたものです。
 
アナルですると、普段の声より1オクターブ高く、大きな声で喘ぐんですよね。
僕はマキちゃんのその声が大好きでした。
こちらからアナルセックスの提案もしたほどに。
 
 
今思えば、普段僕の小さなポコチンにコーマンが満足出来ていなく、
アナルであればちょうど良いという具合だったのかも知れません。
 
 
初めての相手でアナルセックスを経験した僕は、それが普通のプレイだと勘違いしてしまい、その後抱く女性にも同じようにアナルセックスを提案してみたのですが、皆上手く入らず。
そりゃアブノーマルなプレイだから当然ですね。
 
そう思うと、マキちゃんのアナルは相当ガバガバだったんだなぁって。
 
 
僕の性癖の放尿プレイや剃毛プレイなど、相当無理なお願いも聞いてくれた、ドスケベだった彼女。
別れて7,8年経ち、他の女性とも付き合ってもいますが、今でも彼女に関しては「惜しい女を失ったなぁ」と思うものです。
 
 
冒頭にも書いた、童貞を捨てたこの季節。
朝晩涼しくなってくると、アナルセックスで大きな喘ぎ声を出していたマキちゃんのことを毎年思い出します。
次もし付き合いたい子が現れたら、予め、聞いてみようと思います。
風俗でオプションをお願いする男性のように。
 
「アナルはOK?」
 
 
そんな甘酸っぱい夏のお話。
 
(余談)
マキちゃんは現在、ある業界(何かは教えてくれなかった)で有名人になったそうで、昨年別れて以来初めて一回だけ連絡がありました。
「私のハメ撮り画像、消してね。」と。
よっぽど流出したら困る立場なんでしょうね。(ゲス顔)