読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のアリカワブログ

本家アリカワブログでは書けないようなことを書きます。

ニューハーフのおちんちんが大好きだという話。

はてなさんのお題が「一番古い記憶」ということで、僕も書いてみます。

と言っても、普通の幼少期の話をしてもつまらないので、

性の目覚めと現在の性癖

について書こうと思います。

 

小学校5年。

性知識が他の人より早く身についていた僕。

 

友達の大島くんという子といつもエッチな話ばかりしていました。

 

きっかけは思い出せないのですが、ある時から大島くんと、

お互いの勃起したナニ同士をぶつけあう遊びが僕らの中で流行りました。

 

今思えばゲイカップルの前戯みたいなそれを、

僕らは剣道という名前で呼んでいました。

 

なぜこんな事をしていたのか、なぜ男同士で勃起していたのかは分かりません。

 

 

 

その後、大人になった今、僕はニューハーフもののAVが大好きです。

画面いっぱいに彼女たちの巨根が映る度、彼女たちが気持ちよさそうに巨根をこする度、僕はなんとも言えない興奮を覚えます。

 

 

かと言って、男性同士のゲイAVとかは苦手だし、今まで抱いた人はみんなちゃんとした女性でした。

 

でも、一番興奮するのはニューハーフ

 

子供の頃の剣道がきっかけなのでしょうか。

ノンケの人から見たら汚く思えるニューハーフの汚い巨根に対し、不快感を持たないどころか、異常な興奮をしてしまいます。(もちろん皮被りの小さめも好き)

 

男性と行為をしたいとは思いませんが、綺麗なニューハーフとはしたいと思ってます。

 

こういったことから、僕は自分のことを、

バイ気味のノンケ

と自称しています。

 

もしかしたらただのバイなのかも知れませんが…。

 

考えがまとまらないまま書いているので何を言ってるか分からないとは思いますが、、

一言で言うと、

おっきいおちんちん好き!(ニューハーフに限る)