読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のアリカワブログ

本家アリカワブログでは書けないようなことを書きます。

お姉さん、美人ですね^^の一言が言えなくて。

今日はパスポートを作りに行った。

 

 

楽しい海外旅行。

カジノ、金髪美女、ヌーディストビーチ。

 

みんなそれぞれ海外で羽根を伸ばす予定なんだろう。

 

しかしパスポートセンターで待っている人は全員俯いていた。

病院の待合室のように。

不思議な光景だった。

 

そんなパスポートセンターに一輪の花が咲いていた。

 

受付のYさん。

 

制服を着てテキパキと仕事をし、目が合うとニッコリ笑ってくれる。

 

制服って、女性を3割増しくらい美しく見せる。

かと言ってコスプレは違う。

洋服に着せられてる感が苦手だ。

セーラー服はJKが着るからこそ価値を持つのだ。

 

受付のYさんも例に漏れず3割増しに可愛く見えた。

ニートでヒモ気質の僕にとって「働く女性」というのだけで魅力的だったりするのはここだけの秘密だ。

 

あぁ、パイズリされてぇな。

 

そんなことを思っていたらYさんに呼ばれた。

「アリカワさーん」

 

立ち上がったその時、僕のイチモツもまた立ち上がっていた。

授業時間の終わりの学生のように。

 

Yさんは僕の勃起に気づいていただろう。

 

それでも通常通りニッコリ笑い対応するYさん、

勃起したイチモツに慣れてるとは、もしやスケベだな?

なんて思いながら僕もスマイルを返しながら説明を聞く。

 

「説明は以上になりますがご不明な点はございませんか?」

 

その問いに、

「お姉さん、すっごく美人ですけど美の秘訣とかは?」

なんて返せれば変態紳士として完璧だったのかも知れないが、何も言えなかった。

 

「それでは10月1日に…また…」

パスポートが出来上がる日を告げただけのYさんだが、

僕はデートの約束をしたかの如く嬉しかった。

 

次会う時は料金の支払いがある。

 

収入印紙の裏を濡らすYさんを見ながらこう言おうと決めている。

 

「ひょっとしてお姉さんのスカートの下の収入印紙も濡れてませんか?」