夜のアリカワブログ

本家アリカワブログでは書けないようなことを書きます。

上原亜衣SNS復活!女優には戻るのか?

このブログの読者の方であれば、僕が上原亜衣のことを大好きなのはご存知だろう。

以前もこんな記事を書いた。

 

そんな上原亜衣ちゃんがSNSに再び現れた。

復帰投稿から6時間で4万フォロワーを集めるという、未だに人気が衰えないあいちんにびっくりだ。

チームあいちん復活である。

 

SNS復活ということで世間はVへの復帰の期待も高まっているが、僕の考えや気持ちを述べておきたい。

 

・女優復帰してくれたら嬉しい

・彼女の生き様に惚れた部分もあるので再デビューして欲しくない

 

この2つの気持ちがせめぎ合っている。

 

まず、前者だが、性格からルックスまですべて好きだった女性が再び活動してくれるのは嬉しい。

引退した女優が復帰デビューというのはよくある話だから再デビューはありえる話だと思う。

噂によると引退後も業界内の裏方として働いていたそうだが、それが本当なら色々思うところもあっただろう。

最近の業界賞レースのノミネート者を見るとここ最近は小粒感がすごいし、業界を愛した彼女が一肌脱ぐ可能性はある。

もし再び「一肌脱ぐ」状態になればそれはそれで嬉しいのは事実だ。

 

一方で、彼女の「業界極めたし辞めるわ」という生き様のカッコよさに惚れている部分もある。

今でいうと、三上悠亜や橋本ありなが突如引退するようなレベルの引退。いやそれ以上だ。

それほどの潔さを持って引退したので、レジェンドとして心の中で輝き続けて欲しい部分もあった。

 

 

果たしてあいちんの再デビューはあるのだろうか。

今の所、無いのかなとは思っている。

もし再デビューしたらこちらも全力で再び応援したい気持ちはある。

 

 

だが、「上原亜衣の幻影を〜」の記事でも書いたのだが、

僕には現在「五十嵐星蘭」という推し女優がいる。

最初は上原亜衣の代わりに、という浅ましい推し方をしていたが、

知っていくうちに彼女の魅力に取り憑かれていた。

この1年半くらい、五十嵐星蘭作品ばかり見てきたし、

SNSでのリプなどファンサービスもたくさんしてもらった。

上原亜衣が再デビューするから、はいさよなら、とは今更出来ない。

 

 

そういった意味でも上原亜衣再デビューに関しては微妙な気持ちなのだ。

一体今後どういった展開になるのか、期待と不安が高まるばかりである。

僕が射精に至るまでのプロセスを紹介する!

陰毛もまた、平等だ。 - 夜のアリカワブログ

以前、陰毛の素晴らしさを書いた。

 

僕は陰毛が好きだ。

 

パイパンの子とエッチしても射精しないのか?

と言われるとそうではないが、

陰毛がある子の方が興奮度は高い。

 

今回は僕の射精へのプロセスを自己分析してみた。

 

続きを読む

陰毛もまた、平等だ。

先日、確か有吉さんのラジオで「アナルは平等だ」と言っていた。

 

確かにどんな美人でもそうでない人でもアナルは平等であり、

また男女ともに平等である。

 

それと同様に、陰毛もまた、平等である。

 

大人になれば殆どの人が変わらず陰毛が生える。

男も女も問わずボーボーと生える。

あなたの友だちも、あなた自身も。

脱毛をしていなかったり病気などじゃなければもじゃもじゃしているはずだ。

 

 

変わっていると言われるかも知れないし実際変わっているのかも知れないが、

僕は陰毛が好きなのだ。愛している。

永久脱毛をしている人とは結婚したくないし、セックスすらするのを躊躇するレベルだ。

ボーボーと無造作に生やしていることに美学を感じる。

 

ここだけの話だが、僕が他人のブログを読みに行く際は、「この人はどんな陰毛を生やしているのだろうか」と考えながら読んでいる。

それくらい陰毛が好きだ。

 

一般的に陰毛というものは恥ずかしいものと捉えている人が多い。

その恥じらいもまた奥ゆかしい。

恥ずかしがっている姿が人間は一番可愛いのだ。

濃い目の陰毛を恥ずかしがっている姿なんてたまらなくシコい。

陰毛から見え隠れする肌色も好みではあるが、

生い茂った陰毛で先が見えない状態も非常に美しい。

 

秘部を舐めている時、陰毛があればあるほど、僕は熱中出来る。

もう止めてくれ、と言われようが、口に陰毛が入ることが快感なのだ。

 

陰毛が生えていたら口淫の際に邪魔になる、そう言う人も多い。

見た目が悪いし不潔になる、これは一理ある。

しかし、それらのリスクをすべて僕が背負ってみせよう。

陰毛こそ正義なのだ。

 

今これを読んでくれている人の陰毛のことを想像するだけで幸せな気持ちになる。

こんなおっさんの陰毛なんて…こんなオバサンの陰毛なんて…

そんなことを思う必要はない、僕はすべての陰毛を愛している。

 

VIO脱毛、それはそれでやればいい。

顔面の整形すらコンプレックスが消えて本人が生きにくいと感じるならどんどんやればいいと思っている。

だけど、僕はすべてのコンプレックスを愛したいと願う。

 

 

ところで今日は3.11だ。

はてなポイントでも義援金を送ることが出来る。

私も3年か4年前からこれを知って毎年送らせて頂いている。

もし余っているポイントがある人がいたら送ってみても良いかも知れない。

東日本大震災義援金 - はてな義援金窓口 - はてな

我らがパラダイス