夜のアリカワブログ

本家アリカワブログでは書けないようなことを書きます。

僕が射精に至るまでのプロセスを紹介する!

陰毛もまた、平等だ。 - 夜のアリカワブログ

以前、陰毛の素晴らしさを書いた。

 

僕は陰毛が好きだ。

 

パイパンの子とエッチしても射精しないのか?

と言われるとそうではないが、

陰毛がある子の方が興奮度は高い。

 

今回は僕の射精へのプロセスを自己分析してみた。

 

続きを読む

陰毛もまた、平等だ。

先日、確か有吉さんのラジオで「アナルは平等だ」と言っていた。

 

確かにどんな美人でもそうでない人でもアナルは平等であり、

また男女ともに平等である。

 

それと同様に、陰毛もまた、平等である。

 

大人になれば殆どの人が変わらず陰毛が生える。

男も女も問わずボーボーと生える。

あなたの友だちも、あなた自身も。

脱毛をしていなかったり病気などじゃなければもじゃもじゃしているはずだ。

 

 

変わっていると言われるかも知れないし実際変わっているのかも知れないが、

僕は陰毛が好きなのだ。愛している。

永久脱毛をしている人とは結婚したくないし、セックスすらするのを躊躇するレベルだ。

ボーボーと無造作に生やしていることに美学を感じる。

 

ここだけの話だが、僕が他人のブログを読みに行く際は、「この人はどんな陰毛を生やしているのだろうか」と考えながら読んでいる。

それくらい陰毛が好きだ。

 

一般的に陰毛というものは恥ずかしいものと捉えている人が多い。

その恥じらいもまた奥ゆかしい。

恥ずかしがっている姿が人間は一番可愛いのだ。

濃い目の陰毛を恥ずかしがっている姿なんてたまらなくシコい。

陰毛から見え隠れする肌色も好みではあるが、

生い茂った陰毛で先が見えない状態も非常に美しい。

 

秘部を舐めている時、陰毛があればあるほど、僕は熱中出来る。

もう止めてくれ、と言われようが、口に陰毛が入ることが快感なのだ。

 

陰毛が生えていたら口淫の際に邪魔になる、そう言う人も多い。

見た目が悪いし不潔になる、これは一理ある。

しかし、それらのリスクをすべて僕が背負ってみせよう。

陰毛こそ正義なのだ。

 

今これを読んでくれている人の陰毛のことを想像するだけで幸せな気持ちになる。

こんなおっさんの陰毛なんて…こんなオバサンの陰毛なんて…

そんなことを思う必要はない、僕はすべての陰毛を愛している。

 

VIO脱毛、それはそれでやればいい。

顔面の整形すらコンプレックスが消えて本人が生きにくいと感じるならどんどんやればいいと思っている。

だけど、僕はすべてのコンプレックスを愛したいと願う。

 

 

ところで今日は3.11だ。

はてなポイントでも義援金を送ることが出来る。

私も3年か4年前からこれを知って毎年送らせて頂いている。

もし余っているポイントがある人がいたら送ってみても良いかも知れない。

東日本大震災義援金 - はてな義援金窓口 - はてな

我らがパラダイス

上原亜衣の幻影を追い求めて。

やあ。

僕だよ。

あまり時間がないのでさくっと書くよ。

 

僕はこのブログで幾度となく「上原亜衣が好きだ」と書いてきた。

その上原亜衣ちゃんが2016年に引退して僕は呆然としていたのだが、

今は「五十嵐星蘭」という子にハマッている。

 

僕のTwitterをフォローしてくれている人なら僕が最近AV女優さんにハマっていることは知っているだろう。

以前の記事で書いたが僕は大人のアフィリエイトをやっている。

その関係で女優には詳しかったりする。

アイドルオタだった元来の性格もあり、見事に可愛いAV女優さんたちのTwitterを追っかけたりしている。

 

さて、そんな五十嵐星蘭ちゃんだが、1/25にテレビに出た。

「ダラケ」という番組、Youtubeに(違法)アップされておりそこそこ再生数も稼いでいるので見たことがあるという人もいるだろう。

 

現在スカパーアダルト大賞というものの中の「新人女優賞」というものにノミネートされている五十嵐星蘭ちゃん。

他のノミネートされている女優さんたちと一緒に出演することになった。

ぜひとも五十嵐星蘭ちゃんに一票投じて頂きたく思う。

 

AV女優ヲタ、一般的に見たら気持ち悪い存在だろう。

僕も自覚はしている。

しかし「処女性を信じて追いかける」という一般的なアイドルオタに比べたら幾分かマシなのではと思ったりもしている。

 

AV女優を追っかける最大のメリットは先日Twitterでも呟いたが、

「対象が男と寝てガッカリすることがない」

という点だ。

彼女たちはセックスすることが生業なので鼻から処女性なんて求めていない。

ただ可愛ければいいのだ。

僕はこれまでアイドルを追っかけて彼氏発覚でガッカリ、

実際の女性に関しても浮気される、

などなどの経験を経て、女性に対して少しばかり不信感を持っている。

また、僕は20歳の終わりに童貞を卒業するという遅めのスタートだったので、

性行為を重ねても根っからの童貞メンタル、というものが抜け切らない。

ここでいう童貞メンタルとは「相手にそんなに期待しない」という諦めの部分みたいなものだ。

 

そういうのが合わさり、僕は今AV女優を追っかけているのだろう。

処女性を求めず、ただ可愛い子を眺めていたい。

裏切り、というものは最初から無いものだ。

極端なことを言えば花や人形を愛でているようなものなのだろう。

 

さて、何の話か分からなくなってきた感じのところで本題に入る。

 

大人アフィリエイトの師匠とは蜜に連絡を取っている。

ダラケの話にもなった。

そこで師匠が

「五十嵐星蘭と上原亜衣が似ている」

とおっしゃった。

 

確かに言われてみれば似ていないこともない。

いや、寧ろ結構似ている。

 

目が離れ気味(遠心顔)なところ。(僕の好みです)

整った鼻筋。

童貞受けしそうな黒髪。

涙袋。

 

以下に上原亜衣と五十嵐星蘭の画像を貼っておく。

f:id:menheraneet:20180126230520j:plain

f:id:menheraneet:20180126230526j:plain

 

どうだろうか?

 

同じところで工事したのかも知れない、というレベルで近い顔ではある。

 

 

冒頭の話に戻る。

引退した上原亜衣ちゃんのことが好きだった僕。

今、何故僕が五十嵐星蘭ちゃんのことが好きなのかがハッキリわかった気がする。

似ているからだ。

すべてに合点だ。

僕は上原亜衣ちゃんの幻影を追い求め続けていたのだった。

 

五十嵐星蘭ちゃんからしてみたら「誰かの代わりなんて」と思うだろうし、僕自身も酷いことをしている気がしている。

しかし、きっと五十嵐星蘭ちゃんならこう言ってくれるに違いない。

 

 

「星蘭でよかったらあいちんの代わりになってあげる💜」

 

 

 

〜童貞メンタルを拗らせたヤリチンボーイが10分で書いた〜