読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のアリカワブログ

本家アリカワブログでは書けないようなことを書きます。

【官能】ローソン「からあげクンねぎ辛味噌味」を食べてみた!!【小説】

※本家ブログ用に書いたけどAdSense的に怖いのでこちらに投稿。ちなみにニーオナはちゃんとしたことを最初に記しておく。(おかずはシミケンのナンパものの1人目)

 

----------

 

僕は深夜徘徊が好きだ。

ある日、いつものように深夜徘徊をしていると、青いコンビニで僕の方をじっと見つめる子がいた。

 

出会い

じっと僕を見ている子は話しかけることもなく、ただ僕を見ていた。

僕は近くに寄ってみた。

 

5つだの6つだの訳の分からないことと言っていたが、どうやらお得、ということだった。

お金を払う行為はあまり好きじゃないのだが、僕は「買う」ことにした。

そしてその日は深夜徘徊をやめ、家に持ち帰った。

 

持ち帰ってみた

僕は彼女が纏っていた乳白色の洋服のようなものを脱がした。

すると黒と赤をベースにした綺麗なものが出てきた。息を呑む。

f:id:menheraneet:20160311233719j:plain

 

ご両親は知ってるの?

僕がそう問いかけると、首を横に振る。

怯えた顔で僕を見ていたので、しばらく彼女の話を聞いてあげることにした。

 

どうやら両親は宮城県に住んでいるようだ。

写真も見せてくれた。

f:id:menheraneet:20160311234153j:plain

 

いざ。

彼女は一通り話し終えると、暫く黙っていた。

僕の目を見て「いいよ?」と言っている気がしたので、

僕は躊躇せずに彼女の赤黒のものを捲ってみた。

そこに現れたのはとても綺麗で美味しそうなものだった。

f:id:menheraneet:20160311234410j:plain

 

僕が「本当にいいの?」と聞いてみると首を縦に振ったように見えた。

一応僕も男だ。

ここで食べないわけにはいかない。

 

一度唇で彼女を確かめてみると、彼女の人肌の温もりを感じた。

f:id:menheraneet:20160311234815j:plain

 

遠慮せずに味わうことにした僕は齧ってみることにした。

齧られた彼女はとても汗ばんでいて綺麗だった。

f:id:menheraneet:20160311235007j:plain

 

その後、僕は勢いで最初から最後まで一気にいくことにした。

唇で確かめてから終わるまで5分もかからなかった。

 

相変わらず早い自分に嫌気が差すが、僕はとても満足していた。

満足感に浸って眠くなった僕はそのまま眠ってしまった。

 

サヨナラ

目が覚めたらもう彼女はそこにはいなかった。

しかし、彼女の温もりや滴っていた汗の感覚はまだ唇に残っていた。

 

今頃きっと彼女はまた他の男に食べられているのだろう。

悔しい。

もう一度彼女の事を味わいたい。彼女のことが忘れられない。

次に見かけたときは今回のような「お得」な状態じゃないかも知れない。

でも、もし見かけたら「買ってしまう」かも知れない。

 

僕の財布からは約束のお金だけ無くなっていたが、不思議と心は満たされていた。